スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神武天皇 ②

個人的な妄想なのでご留意ください。


2回目は徐々にパズルを組み立てて行きたいと思います。

そもそも『記紀』の物語は先代文化の古史記録を言語を含めて

改竄して来たものであり、人物名や業績は編纂者によって都合良く纏められているだけと感じます。

しかしながら、多少なりとも被支配者で協力的だった存在へは『大和朝廷』の名にある様に

和を持って尊重もしている様にも思われます。


さて、『神武』から始まる我が国の物語ですが、

神武は幾つかの存在の業績を纏めて暗喩していると直感で感じていました。

つまりは西洋東洋問わず、神話によくある『東征物語』です。

『崇神』や『応神』等も同等の存在と言われたりしますね。

面白いところで、名前の由来を様々に考えてみると面白いものが見えて来るのです。


まず、『ヤマトタケル命』こと『小碓命(おうすのみこと)』の物語です。

<ヤマトタケル ~wikiより~>

景行天皇に優秀だが粗暴な『小碓命(おうすのみこと)』という息子がいた。

天皇はこの息子を傍に置くのを恐れて、九州の熊襲を討ちに行かせた。

熊襲を討った『小碓命』は首領のクマソタケルから名をもらい

『ヤマトタケル命』*と名乗るようになった。

ここでは便宜上、『倭武』を使用します。

*ヤマトタケル=日本武尊、倭建命、倭武尊など表記は様々あります。



この法則に従えば、『神武』の名は征服者側の意味であり

三種の神器で言われる神権を有しない存在であった事が伺えます。

神権を奪った存在であるが故に『神武』なのではないでしょうか。

・弟ヤコブが兄エサウに与えられるはずだった長子の祝福を横取りした。

・ヤアコブはヘブライ語で「かかとをつかむ者=人を出し抜く者」を意味するとされる。

ここにイスラエル=神武の歴史的な意味合いのリンクがあるのではないかと感じました。

ですから、東征物語の先に天下っていた天孫『饒速日命』とは決して同孫の意味合いではなく

「人を出し抜く者」の名の通り、征服者として天孫と偽り

ニギハヤヒ系を懐柔または服従させることによって

大和地方の首領『ナガスネヒコ』を追放した物語なのではなかったかと考えています。

従ったニギハヤヒ系は残り、ナガスネヒコ系は歴史の彼方に葬られた訳です。

因みにナガスネヒコは東北に生き延びて王国を拓いた伝承が残っているそうです。

支配者側に降ったニギハヤヒ系を『天下り』、最後まで抵抗したナガスネヒコ系は追放され

同胞に『殺された』と表現したのではないか。

勝者は美化され、敗者は卑下される歴史観は今昔変化ないと言う事ですね。


中東イスラエルが興った背景と神武以降興った日本の歴史背景は同要素があると

編纂に関わった何者かが暗示として忍び込ませたのかもしれません。

歴史的にユダヤ人とされる民族の正当性や日本人との同祖問題は

今回書いた記事の内容や昨今囁かれている世界情勢を考慮すると

どういった類のものか鋭い方であれば理解出来ると思います。


常識とは怖いもので、一旦認識されてしまうと過去の非常識さえも正当化されてしまいます。

選民意識は異端とされ迫害されていたが、宗教的に認識され現在では

国際機関や社会的に保護されていて、その存在が問題を起こし続けています。


例え偽りであっても過去の歴史的背景を修正しようなどとは思いませんが、

勝者の論理として社会運営する上で当たり前の様に正当化されて来たのが

我々が情報提供されている歴史そのものだという事なのでしょう。

正当化され創られて来た欺瞞に翻弄されているのは果たして誰なのか?

体制を失う事や、これから混沌として行くであろう先々の恐れから

ありもしない情報を垂れ流す傾向があるのは昔から変わらない様です。



それらに乗せられて不安を更に煽るサイトが増加している様ですが、

体制側への憧れやお金の匂いに敏感な胡散臭い情報ブローカー擬きなど

判り易く言えば、不安商売からどうでも良い情報や商品を売る詐欺師の多さに驚きます。

この世の情報意識から来る本能的弱さなのでしようか、悲しい現象です・・・

話しが逸れてしまいましたが、

『神武』最終回はいずれ記事にしたいと思っています。(気まぐれで恐縮です)

この名に込められた暗喩を様々な観点から結んで紐解いてみたいと思います。



読んで頂きありがとうございます。
何か率直なご意見や情報などメールフォームから頂けると幸いです。
関連記事

プロフィール

Toshi

Author:Toshi
いつからか世俗の矛盾や不思議を感じながら生きている自分に気付きました。妄想から見えない何かを感じ、カタチとして表現できたら何かが得られると信じる中年オヤジです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。